がん保険とは何か

がん保険とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

今はさまざまな種類の保険商品が各保険会社から登場していますが、その中の一種にがん保険があります。
この保険は日本人の死因トップになり続けているがんだけを保障の対象にしている商品のことをいい、各社異なる特徴の保険商品を取り扱っています。
柱となっている保障はがんと診断が下された場合に受け取れる診断給付金、がん治療を受けるために入院した際に受け取れる入院給付金、がんで手術を受けた際に支給される手術給付金、抗がん剤の治療を受けるためなどで通院した際に支給される通院給付金です。
他にも緩和ケア、先進医療、自由診療を受けた際にお金が受け取れる保障や、がんが原因で後遺障害に陥った際に受け取れる給付金などもあります。
また、がん保険の大きな特徴の一つとして、入院給付金に関することが挙げられます。
医療保険の場合、1回あたりの入院限度日数や通算限度日数が設定されており、支払日数に限りがあるのですが、ある病気で入院と退院を複数回した場合、退院からあらかじめ決められている日数が過ぎていないと1回の入院として処理されて、給付金が受け取れないケースがあるのです。
しかしながら、がん保険はこうした制限が設けられていませんので、何度も入退院をしたとしても、給付金の受け取りが可能なのです。

Copyright 2016 がん保険とは何か All Rights Reserved.